小陰唇縮小・膣縮小などの婦人科形成治療|帯広中央クリニック

無料メール相談
無料カウンセリング
帯広中央クリニック
電話する

MENU

処女膜切除・再生

MEDICAL

  • *
  • 女性の婦人科形成クリニック・帯広

処女膜とは

処女膜は膣の入り口にある
薄いひだ状の粘膜です。
硬く厚い処女膜は、処女膜強靭症と呼ばれています。処女膜を切除して、膣口を広げます。
処女膜再生では、破けた処女膜を縫い合わせることで処女膜を再生します。

処女膜切除・再生治療の流れ

治療前

産婦人科のような診察台に両脚を乗せて治療を行います。
通常はIラインのみ剃毛します。
*生理中は治療は行えません。

処女膜治療

処女膜切除は、厚く硬い処女膜を取り除き、膣口を広げます。処女膜強靭症では膣の入り口周囲の筋肉も硬くなっているため、指で広げていきます。処女膜再生は、断片化した処女膜を元の状態に再縫合します。
また処女膜が残っていない場合には、膣口周囲の粘膜を用いて処女膜を形成します。

処女膜治療の流れ

麻酔

処女膜・膣の入口に部分的な麻酔(局所麻酔)を行います。痛みを最小限にするために極細のナノニードルを使用しています。ご希望により、ガス麻酔や静脈麻酔の併用により、寝ている間に治療を行うことも可能です。

治療時間/約30分

治療後の生活について

手術終了後は約30分間、ベッドで安静にして頂きます。出血などの問題がないのを確認してから帰宅します。
陰部は血流が豊富な部位のため多少血がにじむことがありますが通常1〜2日間で落ち着きます。
この間はナプキンかガーゼで保護し、ガードルで圧迫します。
治療当日はできるだけ安静に過ごしてください。

シャワー・入浴 シャワーは治療翌日より可能です。入浴は2週間後から可能です。
治療後の腫れ 個人差がありますが、通常はほとんど腫れることはありません。
通院・抜糸 溶ける糸で縫合するため抜糸も不要のため、通常通院は不要です。
運動・飲酒 治療1週間後より可能です。
性行為 治療1ヶ月後より可能です。

処女膜再生手術のQ&A

処女膜治療の手術の傷跡は残りますか?

処女膜は粘膜のため、傷跡はほとんどわからなくなります。

処女膜再生手術の治療後、性行為を行ったら出血がありますか?

治療後の最初の性行為では出血や痛みを伴い、「初体験」と同じ感覚を得ることができます。
膣口付近の筋肉が緩くなっていたり、膣口が非常に広くなっているあるいは広がりやすくなっている場合には、出血がないこともあります。

処女膜は完全に元に戻せますか?

処女膜再生治療においては、性行為の際に出血だけさせたい方や完全に元に戻して欲しい方がいらっしゃいます。
出血だけさせたい場合には、膣口の表面的な縫合で性行為の際にほとんど痛み無く、出血しやすくしておくことができます。
完全に処女膜を再生したいのであれば、表面だけでなく膣口内部の再生もしっかり行います。
この場合は処女膜が丈夫になりすぎてしまい、性行為の際に痛みを伴うことがあるかもしれません。

治療料金

処女膜除去
(処女膜強靭症)
165,000円
処女膜再生 275,000円

※表示価格は税込価格です。

  • 女性器について
  • 診療の流れ
  • ドクター紹介
  • 保護者同意書
ご予約・お問い合わせ
  • 予約制
    電話する
  • 無料カウンセリング
  • 無料メール相談
アクセス
〒080-0014
北海道帯広市西4条南
10丁目34
センターシティ1

JR帯広駅より徒歩4分

ページトップ